お知らせ

日本国際交流センター(JCIE)では、人間の安全保障の視点に立ってグローバルヘルスに対する日本の貢献を一層推進していくために、省庁や政治家、研究者、民間企業など関係者と連携を図りながら、れまでに様々な活動を行ってきました。中でも、日本の知見に基づく対外戦略策定の後押しや、グローバルヘルスをめぐる国際対話の推進を目的に、2007年G7北海道洞爺湖サミット、2016年G7伊勢志摩サミットの際には、ワーキンググループを発足させて政策提言をとりまとめました。

さらに本年は、2019~2020年に日本が議長国を務めるG20サミットやTICAD7(第7回アフリカ開発会議)、N4D(成長のための栄養サミット)に向けて、日本が一貫した戦略に基づいたリーダーシップを発揮していく方途を探るため、国際的な識者と関係省庁を中心とする日本のグローバルヘルス関係者との対話を促進しています。

 

関連プログラムとして、JCIEでは、日独グルーバルヘルス会議”グローバルヘルスにおけるドイツと日本の役割 〜G20ハンブルグからG20大阪へ”の開催に協力しています。シンポジウムの詳細は、NCGM iGHPウェブサイトをご確認ください。

 

 
公開シンポジウム
“The Roles of Germany and Japan in Global Health:
From 2017 G20 Hamburg to 2019 G20 Osaka and Beyond”

 

共催:

国立国際医療研究センター(NCGM)グローバルヘルス政策研究センター(iGHP)

ジュネーブ国際開発研究大学院グローバルヘルスセンター(GI/GHC)、日独ベルリンセンター(JDZB)

協力: 早稲田大学、ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)、日本国際交流センター(JCIE)
日時: 2018年9月6日(木)10:00~16:30 (9:30受付開始) *終了後、iGHPでレセプションがございます
会場: 国立国際医療研究センター国際医療協力局5階大会議室[MAP
言語: 英語
申込: こちらより事前登録をお願いします。本シンポジウムは一般公開ですが、参加には事前登録が必要です。

 

 

 

 

公益財団法人 日本国際交流センター

〒107-0052
東京都港区赤坂1丁目1番12号 明産溜池ビル 7F

Tel.03-6277-7811 Fax.03-6277-6712

http://www.jcie.or.jp/japan


米国法人 日本国際交流センター (JCIE/USA)

135 West 29th Street, Suite 303

New York, NY 10001 USA

Tel: +1 (212) 679-4130

http://www.jcie.org/

Copyright © Japan Center for International Exchange (JCIE)