第1回ティファニー財団賞―日本の伝統文化と現代社会―

2007年12月から2008年1月末日まで、対象となる分野の専門家および各地域の関係諸団体に対して、本賞にふさわしい団体の推薦を依頼し、過去に十分な実績がある組織のうち、本賞の趣旨にかなう組織に対して、日本国際交流センターから自薦をお願いしました。

伝統文化大賞については21団体、伝統文化振興賞については33団体の推薦をいただきました。推薦を受けた団体について、事務局選考の後、当センターが委嘱する以下の3名の有識者による審査を経て、第1回ティファニー財団賞受賞団体を決定いたしました。

2008年6月26日木曜日に東京都内で開催された授賞式では、主催者挨拶の後、ティファニー・ジャパンのマイケル・クリスト社長、米国大使館ロナルド J. ポスト広報・文化交流担当公使からご挨拶をいただき、ティファニー財団プレジデントフェルナンダ・ケロッグ氏よりティファニー製トロフィーが、日本国際交流センター理事長山本正より200万円の賞金目録が受賞団体に授与されました。その後、伝統文化大賞、伝統文化振興賞の順に受賞団体の代表者によるスピーチが行われ、選考委員会委員長の南條史生森美術館館長による講評では選考理由や賞の意義について述べられました。


ティファニー財団プレジデント
フェルナンダ・ケロッグ氏

(財)日本国際交流センター
山本正理事長

ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク
マイケル・クリスト社長

米国大使館広報・文化交流担当公使
ロナルド J. ポスト氏
ティファニー財団賞伝統文化大賞

美濃和紙あかりアート展実行委員会(岐阜県美濃市)

1300年の伝統を誇る日本有数の和紙の産地である岐阜県の美濃では、美濃和紙を地域の未来を拓くツールとしてとらえ、美濃和紙を使ったあかりのアート作品を全国から募集する美濃和紙あかりアート展を1994年から実施しています。

このアート展は屋内ではなく、重要伝統的建造物群保存地域に指定されている「うだつの上がる町並み」をその会場として、開催当日には夕暮れの中にそのアート作品が浮かび上がります。江戸時代からの情緒を残す町並みの中で美しく灯るあかりのオブジェは、美濃和紙の持つやわらかさや美しさを引き立たせ、美濃和紙の持つ多様な汎用性を引き出す役割を果たしています。

本事業は美濃の街づくりを考える市民の手によって行われ、美濃和紙と伝統的な町並みを最大限に活かしながら、新たな可能性を引き出そうとしている点が評価できます。また住民が一体となり、小学生から高校、大学生の若い世代が積極的にこの事業に参加していること、全国にあかりをテーマにしたイベントのネットワーク化を図ろうとしていることなど、さまざまな点で創意工夫が見られ、常に未来に向かって挑戦する姿勢が見られます。

ティファニー財団賞伝統文化振興賞

西塩子(にししおご)の回り舞台保存会(茨城県常陸大宮市)

茨城県の農村地域である常陸大宮市西塩子地区では、江戸時代から回り舞台を使った歌舞伎公演が行われてきましたが、1945年を最後に公演が途絶え、忘れ去られた存在となっていました。

1991年に町が行った調査で、保存されていた西塩子の回り舞台の組み立て資材が貴重な文化財であると判明したのをきっかけとして、西塩子地区全世帯が参加して、「西塩子の回り舞台保存会」を結成しました。そして一ヶ月にわたり資材と竹を使って20mもの幅の壮大な回り舞台を半世紀ぶりに完成させました。

その後、西塩子地区の住民は地芝居を行う「西若座」を結成し、3年に一度舞台の組立てと公演を行い、地元の小学生も含めて歌舞伎や舞踊を披露しています。

極めて小さな集落の住民たちが力をあわせて、壮大な回り舞台を復活させたことは驚くべきことであり、伝統文化の華やかさと共に、地域社会の活力の潜在力を再認識させる極めて意義のある事業といえます。

選考委員会委員
田中優子 氏法政大学教授
南條史生 氏森美術館館長  【選考委員長】
日比野克彦 氏アーティスト、東京芸術大学教授
(50音順)


講評
 森美術館館長(選考委員長) 南條史生氏

ご紹介ありがとうございます。

さて早速ではございますが、選考委員を代表しまして、選考の経緯と総評といった観点で、少しだけご報告、ご挨拶を申し上げたいとおもいます。

審査の対象になりました案件は伝統文化大賞が21団体、伝統文化振興賞は33団体と、第一回目としては大変盛況でした。いずれも貴重な催しや、企画で、関係者の皆様のご努力、ご苦労が想像されるものばかりでした。

審査基準としては、
1 地域の伝統文化を現代社会の営みにマッチさせ、地域文化を核として広く市民を巻き込んだ活動となっているか
2 地域社会に昔からあった活動を再活性化することにより、地域の誇りを取り戻し、地域の活性化に寄与しているか
3 伝統文化をテーマに国内外と交流することで開かれた地域づくり、地域社会の活性化に役立てているか

という基準がもうけてございます。しかし、この基準は数値化されたものではございませんから、各案件がどのくらい、この基準に合致しているかは、きわめて主観的にもならざるを得ません。

またそれぞれの出展案件を我々全員が実際に見ているわけでもありませんから、実感として、それぞれの企画を比較することが出来るわけでもありません。しかし、申請書を私どもでじっくり拝見し、事務局の調査結果なども参考にしつつ、議論を重ねて、今回の受賞者を決定いたしました。

大賞に決定いたしました「美濃和紙あかりアート展実行委員会」は、美濃の和紙という伝統的技法、素材を、全国からの公募作品に活かす仕組みを作ることによって、広く普及させ、また地域に残る古い街並の中に展開することによって、伝統的な街や建築の美しさを内外に知らせることにも貢献しています。さらに小学生から高校、大学生まで若い世代の興味を惹きつけ、参加を促し、日本人の創造性を引き出すという教育的な側面も持っています。このように、この実行委員会の活動は、伝統を継承しながら、未来に向かって様々な可能性を開く試みとなっており、総合的に見て我々審査員はこの試みをもっとも大賞にふさわしいものと評価しました。

また「西塩子(にししおご)の回り舞台保存会」は、茨城県の農村に残る江戸時代の回り舞台を使った歌舞伎公演が1945年以後途絶えていたものを、1991年に再現、再興し、これを保存するだけでなく、継続的な公演活動を行って活用し続けてきました。そして、その運営には、小学生も含め、地域社会が一致団結して参加、協力し、地域社会の活力の存在を内外に示し、きわめて意義のある試みとなりました。

伝統と現代とは文化における永遠の課題です。かつて、フランスの哲学者シモーヌ・ヴェーユは、人生とは「愛と革命」である、と語りました。私はそれを聞いたときにまだ若く、その言葉の意味、二つの言葉の対比の理由がわかりませんでしたが、その後、その言葉が明快な意味を持っていることを理解しました。それはまず「愛」とは、今あるものをそのまま認め、受け入れることです。一方、革命とは、今あるものを破壊し、それとは違う新しい考え方を実現することです。ですから、この二つのいづれの道を行くかは、人生の日々の実践の問題でもあるのです。

いま、日本はあらゆる面で、方向を失っているように感じられます。その中で、我々が今まで持ってきた文化、思想をもう一度見直し、残すべきところは残し、改めるところは改め、新しい未来に向かって社会を再構築するべき時に来ています。またグローバル化の流れの中で、地域性と国際性を直結させてつないで行くことも、重要な新しい方向性です。

伝統文化を見直し、またそれを超克して新しい可能性に目を受けるティファニー財団賞は、きわめて時宜にかなっていると同時に、重要な試みといわざるを得ません。このような新しい賞を創設されたティファニー財団、日本国際交流センターに、日本の文化関係者を代表しまして、感謝の意を表したいと思います。

こうした大きな枠組みの中で、高く評価された二つの団体に、改めて、お祝いを申し上げて、審査報告とさせていただきたいと思います。

(了)