2016年9月10日、日本国際交流センター(JCIE)は、世界保健機関健康開発総合研究センター(WHO神戸センター)との共催で、G7神戸保健大臣会合サイドイベント「グローバルヘルスへの投資:持続可能な開発目標(SDGs)の実現のためのビジネス・ソリューション」を開催しました。 本イベントは、経済界の皆様を主な対象とし、民間アクターが保健分野を中心とするSDGsの達成に積極的に取り組んでいる具体的な事例を提供し、「保健への投資」の価値についての関心を促し、その活性化の可能性や課題を話し合うことを目的としました。


JCIE理事長大河原による開会挨拶

西本麗住友化学代表取締役による基調講演

福田祐典厚労省技総審によるご挨拶

本サイドイベントでは、民間企業、政府、国際機関、市民社会組織、学術機関それぞれより発表された官民連携の具体的な事例を基に、以下の今後の課題が提起されました。(事例や議論の詳細は、下記の報告書をご参照ください。)

  1. 公衆衛生危機の対応・備えと、平時における保健システムの構築は、本質的に不可分である。緊急時には復興後の保健システム構築を意識し、平時には緊急時への備えを意識した保健システム強化が必要であり、緊急時と平時のシームレスな支援をすることで、復興期での支援不足から起こり得る負のインパクトを回避することができる。そのためには、より現場の実情に見合うよう、援助機関が一方的にプロジェクト期間や期待される成果をあらかじめ決めてしまうのではなく、コミュニティやサービス提供者と援助機関が共にプロジェクトをデザインし、より長期的な視野で計画実施すべきである。
  2. グローバルヘルスセキュリティの文脈が変化し、感染症の脅威が急速に国境を越えグローバルに影響する今日、もはや、政府、経済界、学術界、市民社会いずれのセクターも単独ではこれらの脅威に対応することができないことは明らかである。国際社会が掲げた続可能な開発目標(SDGs)を2030年までに達成するためには、組織やセクターの垣根を越えたマルチセクターでの連携が必須である。
  3. 企業が持つイノベーションを途上国で活用するためには一企業の力だけでは限界があり、他者とのパートナーシップが必要である。日本における官民連携の事例の多くは、パートナーシップを結ぶきっかけが「偶然」に基づいている。政府がリーダーシップをとり、企業が長期的に取り組める環境を創出するためのルール作りが必要であり、さらに、個々の企業と現場のニーズを組織的なパートナーシップとしてつなげるメカニズムを作ることが求められている。

セッション1で緊急時の対応と備えをディスカッション

セッション2でのドローンの説明
プログラム
13:30-13:45   
開会セッション
開会挨拶
大河原 昭夫
(公財)日本国際交流センター理事長
基調講演
西本 麗
住友化学株式会社代表取締役兼専務執行役員
ご挨拶
福田 祐典
厚生労働省大臣官房 技術総括審議官
13:45-14:55
第1セッション: 危機への備えと対応 ― エボラ出血熱などの公衆衛生危機に向けたビジネス・ソリューション
モデレーター:
スーザン・ハバード
米国法人日本国際交流センターシニア・アソシエイト
パネル:
ダビデ・モスカ
国際移住機関(IOM)移民保健事業局長
山田 光一
富士フイルム株式会社医薬品事業部/富山化学工業株式会社理事
[ギニアにおけるエボラ治療薬提供の最前線]
尾身 康子
日本電気株式会社 経営企画本部グローバル渉外企画室シ二アエキスパート
[国際機関との協働によるICTを活用した、情報インフラ・人の安全な移動・支援物資供給網の整備]
レベッカ・ティン
スイス再保険会社日本支店シニア・ヘルス・ソリューションズ・マネージャー
[パンデミックに対応する保険スキーム]
山田 安秀
内閣官房内閣審議官 新型インフルエンザ等対策室長・国際感染症対策調整室長
ディスカッション
14:55-15:55
第2セッション: 平時における保健サービスのアクセス向上 ― 質の高いサービスへのアクセスを可能にするビジネス・ソリューション
モデレーター:
サンディ・ルウィン
ミャンマー保健開発コンソーシアム常務理事
パネル:
嶋田 悟
エアロセンス株式会社 取締役
[ドローンを活用した保健物流サービス]
ギティンジ・ギタヒ
アムレフ・ヘルス・アフリカCEO
安田 二朗
長崎大学熱帯医学研究所 新興感染症学分野教授
[東芝メディカルとの共同研究によるエボラ等迅速検査試薬の開発ならびにギニア保健人材育成を通した保健システム強化支援]
パトリック・シルボーン
世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)渉外局民間セクター連携部ヘッド
ディスカッション
15:55-16:00 開会挨拶
16:00-17:00カクテル・レセプション