日本国際交流センター(JCIE)では、2016年のG7伊勢志摩サミットで合意された「国際保健のためのG7伊勢志摩ビジョン」を踏まえ、グローバルヘルス分野における日米協力を後押しすることを目的に、日米の政府機関幹部、政治家、学者、市民社会、産業界のリーダーによる対話事業を実施しています。

第1回日米グローバルヘルス協力対話 2017年3月7日 ワシントンDC

2017年3月7日、日本国際交流センター(JCIE)は、国連財団の協力の下、日米の官民の政策専門家および9政府機関の幹部など、計34名の参加を得て、トランプ・安倍政権下でグローバルヘルスに関わる日米協力を強化しうる政策分野を確認することを目的に、ワシントンDCにてハイレベル政策対話を行いました。参加者は、本分野での日米のリーダーシップに対して国際社会から強い期待があることを確認した上で、トランプ大統領と安倍総理大臣の緊密な関係が、両国のリーダーシップを示す日米協力体制の構築に寄与するとの理解を共有しました。

   共同議長を務めたマイケル・ライシュ ハーバード大学教授、武見敬三JCIEシニア・フェロー

本対話を通じて、グローバルヘルスに関わる日米協力が一層強固になりうる政策分野として、以下の5分野が特定されました。

  • グローバルヘルス・セキュリティ拡充に向けた協働
  • 脆弱国家の保健システム強化への協力
  • 感染症対策での協力
  • R&Dとイノベーションにおける協力
  • 日米の高齢化対策の教訓を応用

また、多国間の政府間協議の場での連携、グローバルヘルスに関わる国際機関を通じた協調、両国のグローバルヘルスに関わる諸機関間の協力・政策対話の拡充によって両国の取り組みが強化されることが確認され、グローバルヘルス協力に特化した初の二国間イニシアティブを立ち上げることが提案されました。

要旨(和文英文


第2回グローバルヘルス協力対話 2017年5月3日 ワシントンDC

日本国際交流センター(JCIE)は、塩崎恭久厚生労働大臣訪米の機会を捉えて、戦略国際問題研究所(CSIS)との共催により、CSISにて第2回グローバルヘルス協力対話を実施しました。本対話には、米国大統領府や両国のグローバルヘルスに関わる主要な政府機関、医療研究支援機関や医薬品・医療機器等審査機関の幹部、米国の民間財団や企業の代表、計40名以上が参加し、第1回目の議論を踏まえ、以下の議題に沿って日米協力を強化する方途について意見を交わしました。

プログラム

歓迎の辞

ジョン・ハムレ CSIS理事長・CEO
大河原昭夫 JCIE理事長・CEO

特別発言

マイケル・グリーンCSISアジア担当上級副所長兼ジャパン・チェアーによる紹介
塩崎恭久 厚生労働大臣

和文英文

討議

  • 健康安全保障
    パンデミックへの備え、規制当局の調和、緊急事態への基礎的対応能力の開発
  • 感染症
    世界エイズ・結核・マラリア対策基金、Gaviワクチンアライアンス、等
  • 多国間機関のガバナンス
    WHO改革、世界銀行、現場の国連諸機関の強化、G7
  • イノベーション
    感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)、米国国立衛生研究所(NIH)・日本医療研究開発機構(AMED)及びアメリカ食品医薬品局(FDA)・医薬品医療機器総合機構(PMDA)の協力

総括―今後の方向性

J. ステファン・モリソン CSIS副所長、グローバルヘルスポリシーセンター所長
武見敬三 参議院議員、JCIEシニア・フェロー