2017年3月7日、日本国際交流センター(JCIE)は、国連財団の協力の下、日米の官民の政策専門家および9政府機関の幹部など、計34名の参加を得て、トランプ・安倍政権下でグローバルヘルスに関わる日米協力を強化しうる政策分野を確認することを目的に、ワシントンDCにてハイレベル政策対話を行った。参加者は、本分野での日米のリーダーシップに対して国際社会から強い期待があることを確認した上で、トランプ大統領と安倍総理大臣の緊密な関係が、両国のリーダーシップを示す日米協力体制の構築に寄与するとの理解を共有した。

   共同議長を務めたマイケル・ライシュ ハーバード大学教授、武見敬三JCIEシニア・フェロー

本対話を通じて、グローバルヘルスに関わる日米協力が一層強固になりうる政策分野として、以下の5分野が特定された。

  • グローバルヘルス・セキュリティ拡充に向けた協働
  • 脆弱国家の保健システム強化への協力
  • 感染症対策での協力
  • R&Dとイノベーションにおける協力
  • 日米の高齢化対策の教訓を応用

また、多国間の政府間協議の場での連携、グローバルヘルスに関わる国際機関を通じた協調、両国のグローバルヘルスに関わる諸機関間の協力・政策対話の拡充によって両国の取り組みが強化されることが確認され、グローバルヘルス協力に特化した初の二国間イニシアティブを立ち上げることが提案された。

要旨(和文英文