2010年5月14日にニューヨークで実施したセミナー「人間の安全保障と健康」を受けて立ち上げた「健康と人間の安全保障」研究・対話プロジェクトの一環として、第3回TICAD(アフリカ開発会議)閣僚級フォローアップ会合(2011年5月1-2日)のサテライト・セミナーとして、世界基金支援日本委員会、アフリカ高等経営研究所(CESAG)、独立行政法人 国際協力機構(JICA)との共催で、「アフリカにおける健康と人間の安全保障」をテーマとするシンポジウムとラウンドテーブルを開催した。なお、本セミナーは、外務省、世界保健機関(WHO)/アフリカ保健機関(AFRO)、世界エイズ・結核・マラリア対策基金、世界銀行の後援を得て実施された。

本セミナーについては、閣僚級会合における松本剛明外務大臣の開会式挨拶でも言及され、2日の午後に開催したシンポジウムには閣僚級会合出席者を含む約70名の参加を得られた。翌日のラウンドテーブルにも、国際機関関係者、学者、NGO関係者、等40名以上の参加を得た。

シンポジウム
14:00-14:20  開会挨拶
山本 正 (公財)日本国際交流センター理事長<モデレーター>
アウ・ブーバカー CESAG経営・起業・組織高等研究所チーフ [セネガル]
押山和範 JICAアフリカ部部長
14:20-14:50開会演説
ウーマ・サール セネガル都市化・住宅・建設・水利大臣
高橋千秋 外務副大臣
  
14:50-15:30基調講演:アフリカにおいて「健康と人間の安全保障」が意味するものは何か
モデレーター:山本 正
スピーカー:
ミリアム・ウェレ 野口英世アフリカ賞受賞者 [ケニア](資料 PDF[432KB]
高須幸雄 国連事務総長特別顧問(人間の安全保障担当)、人間の安全保障担当大使(資料 PDF[64KB]
  
15:45-17:45現場にみる「健康と人間の安全保障」
モデレーター:
チェック・ティディアン・タール アフリカ・エイズ・サービス団体協議会(AfriCASO)事務局長 [セネガル]
神馬征峰 東京大学大学院国際地域保健学教授(資料 PDF[680KB]
  

プレゼンター:
  1. 健康脅威に対応するためのコミュニティ・エンパワメント
    ノーリン・カリーバ エイズ支援組織(TASO)創始者、アフリカ医療研究財団(AMREF)国際諮問委員会副委員長 [ウガンダ](資料 PDF[194KB]
    ローラ・ダーレ 保健科学・研修・調査・開発センター(CHESTRAD)CEO兼評議会事務局長 [ナイジェリア](資料 PDF[572KB]

      
  2. コミュニティによる健康脅威への対応を可能とする保護の強化-政策、実施、サービス提供
    アドリアン・ソンコ タンバクンダ州保健局長 [セネガル](資料 PDF[430KB]
    フル・フォブシ・アングワフォIII カメルーン公衆衛生省事務局長(資料 PDF[192KB]

      
討議
17:45-18:15閉会:健康と人間の安全保障に向けたアフリカ戦略
モデレーター:山本 正
スピーカー:マッシディソ・モエティ AFRO地域事務所長補
閉会挨拶:アウ・ブーバカー
ラウンドテーブル
9:00-9:15開会挨拶
モデレーター:山本 正
アマニ・コフィ CESAG保健経営高等研究所ディレクター
深田博史 駐セネガル日本国大使
大久保久俊 JICAセネガル事務所長
9:15-10:30セッション1:事例研究の中間報告
モデレーター:スーザン・ハバード 米国法人 日本国際交流センターシニア・アソシエイト
プレゼンター:
  • 理論的枠組み:勝間 靖 早稲田大学国際学術院教授、グローバル・ヘルス研究所 所長
  • 事例:神馬征峰
討議
10:45-12:15セッション2:ミレニアム開発目標(MDGs)の達成、福祉の実現と人間の安全保障アプローチの付加価値
モデレーター:ローラ・ダーレ
討議者:
チェク・セイディル・モクター・ムバッケ INDEPTHネットワーク科学諮問委員 [セネガル]
カルロス・サントス・ブルゴア 汎アメリカ保健機関(PAHO)暴力・傷害・人間の安全保障上級顧問
討議
12:15-12:45閉会セッション
モデレーター:山本 正
スピーカー:
ブルーノ・キルンガ・クバタ アフリカ開発のための新パートナーシップ(NEPAD)アフリカ保健イニシアティブ研究コーディネーター
ミリアム・ウェレ
高須幸雄