日本、中国、韓国―東アジアで隣り合うこの三か国は、不幸な歴史を乗り越えながら、この半世紀の間に友好を深めてきました。しかし、最近は領土や歴史にまつわる溝が広がって冷え込んだ関係ばかりが浮かび上がり、「反中」「嫌韓」「反日」ムードが国民にも深まっているのが現状です。

一方で、漢字文明に代表されるように、この三か国は歴史的・文化的に切っても切れない関係にあります。また、環境問題や少子化をはじめ、国境を超えた共通の21世紀的課題も多く、さらには若い世代を中心に新たなカルチャーの交流も育ちつつあります。

この数十年、欧米主導で進められてきたグローバリズムの中で生じたさまざまな問題にも、実は日中韓を中心とした東洋的な文明や知恵を活用することができるのではないでしょうか。これからを担う若い世代の人々とともに、「日中韓の絆」を再発見しつつ、21世紀の世界における三か国の役割を探っていきます。

本事業では、2014年11月から2〜3か月ごとに、日中韓の共通文化等の事情に精通したゲストを各国から招き、主に以下の4つのジャンルからテーマを取り上げて、継続的に公開セミナーを行います。

  1. 文化的共通基盤(漢字文化、儒教・仏教文化、水墨画、東洋医学と食文化など)
  2. 新たな文化共有(アニメ、ドラマ、映画、ポップス、スポーツ文化など)
  3. 共通の課題(水問題、大気汚染、エネルギー、少子高齢化、社会格差、教育など)
  4. 摩擦の種(領土問題、近代史観の相違など)
特別編 日中韓スペシャル・ムービー・トーク

 映画『あやしい彼女』で見る日中韓の共通性と多様性

『あやしい彼女』は、ある日突然おばあさんが20歳に戻ったことで巻き起こる面白くも感動的な物語を描いたコメディ映画です。2014年韓国での封切り以来、中国版と日本版が次々と制作されました。

今回のイベントには、ファンドンヒョク監督(韓国版、2014年)、陳正道監督(中国版、2015 年)、水田伸生監督(日本版、2016年)と日中韓の3監督が初めて勢揃いします。さらに、韓国版の原作から、中国版、ベトナム版等の製作を手掛けたCJ E&M 映画部門のジョン・テソン代表が出演し、日中韓各国の制作の背景や過程、人気の秘訣や「こぼれ話」を披露します。また、特別ゲストとして韓国版の主演を演じた女優のシム・ウンギョンが舞台挨拶をします。

日中韓の映画『あやしい彼女』を比較することで、人気の背景にある各国の社会や文化の特徴を浮き立たせ、その共通性と多様性に対する理解を深める目的で開催します。

* ご参加受付を締め切りました *       

■ 開催情報

日時2016年11月19日(土) 15:00-17:00
会場POSCO P&Sセンター3階 イベントホール
(134, Gangnam-gu, Teheran-ro, Seoul)
 ※東京での開催ではございません。ご注意ください。
言語日本語、中国語、韓国語(同時通訳)
共催日中韓三国協力事務局、(公財)日本国際交流センター
協力東亜日報(韓国)
後援(公財)渋沢栄一記念財団、(財)MRAハウス
参加費無料

【お問い合わせ・お申込】
(公財)日本国際交流センター 担当:藤本
E-mail:fujimoto@jcie.or.jp (@を半角に直してお送りください。)


過去のセミナー
特別編
協力団体
  • 日中韓三国協力事務局(在ソウル)
  • 〔日本〕公益財団法人 渋沢栄一記念財団、一般財団法人 MRAハウス
  • 〔中国〕中国社会科学院日本研究所、北京大学日本文化研究所
  • 〔韓国〕東アジア財団、ソウル大学日本研究所、東西大学
協賛企業
  • SKルブリカンツジャパン株式会社
  • ジャパンライフ株式会社
  • 眞露株式会社
  • ダイエイシッピング株式会社
  • 東レ株式会社
  • (五十音順)
アドバイザー
石川 好    作家、元新日中友好21世紀委員会委員
お問い合わせ

(公財)日本国際交流センター 担当:藤本
Tel: 03-3446-7781(代)
E-mail:fujimoto@jcie.or.jp (@を半角に直してお送りください。)