⇒麻布グローバル・サロンについて

会員向け事業・麻布グローバルサロンの記念すべき第10回目として、2017年4月に当センターシニア・フェローに就任したジェラルド・カーティス(コロンビア大学名誉教授)による講演「トランプ大統領を生んだアメリカの行方」を実施しました。

講演要旨

今回は、トランプ政権が生まれた背景、就任100日目を迎える現状、今後の行方、という過去・現在・未来の3つの観点から対談方式で講演が行われ、その後、参加者との間で今後の日米関係や国際情勢について活発な質疑応答が行われました。


トランプ政権が生まれた背景

なぜトランプ氏のような人物が大統領になれたのでしょうか。これは、なぜヒラリー・クリントン(民主党)が負けたのかという疑問にもつながります。 そして、トランプ大統領が当選した4つの理由についても言及します。

1. 民主党が敗北した理由

▼ 詳細はクリックで展開

2. トランプ大統領が当選した4つの理由

▼ 詳細はクリックで展開

現在のアメリカ社会は非常に分断しています。即ち、トランプ支持者とそうでない人の共通の価値観がなくなっています。これをどうまとめていくかが大切ですが、トランプはまとめ役にはなれないと推測されます。また、トランプ現象の背景には、アメリカの社会的変化やグローバライゼーションに対する不安感があると言えます。しかし、その流れは、今後トランプ政権が失脚してもそうでなくとも変わらないはずです。


トランプ政権の現状

トランプ政権発足から3か月たった今日、政権はますます混乱状態にあります。暫定予算が成立せず、可能性は低いですが政府閉鎖も懸念されています。また、現在は共和党が上院・下院の多数を占めていますが、今までに通った法案は一つもありません。これは共和党内での分裂が激しいためです。現にそれが要因となり、トランプ氏が過去2度にわたり挑戦したオバマケアの差し替えは失敗に終わっています。だからといって、民主党と協力できるかというとそうはなりにくいと考えます。今日まで、「大統領令」として移民入国規制などの策がとられ、これからも金融規制の緩和、環境規制緩和などの措置が取られると思われますが、トランプ氏の政策には、戦略というものが見えません。また、トランプ氏は「ハッタリ」で有名であるが、北朝鮮問題をはじめ、国際政治でハッタリを使うことは非常に危険なことであることを認識すべきです。しかし、ポピュリストは、政策を実現しなくてもしばらくは支持を失わないということはよくあることで、このままいけば再選することも有りうるだろうと思います。

今後のアメリカ

二大政党制が続くと思われます。第三政党が出て来れば良いと思いますが、アメリカの選挙の仕組みの中で第三政党を作るのは不可能に近いです。トランプ政権下で、今後の民主党はより左に傾き、共和党も右のポピュリズムという色が濃くなるはずです。その中間が現れるのか、今のところそれは見えません。今後民主党の16人の知事の中から出てくる可能性もあります。敢えて名前を挙げるとすれば現在のニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモ氏などに期待がかかります。

日米関係について

安倍首相は、トランプ氏と馬が合うと言われていますが、それは本当だと思います。トランプ氏就任後、アメリカで面会した際も、トランプ大統領を上手く立てながら話していたと感じます。日本人もまた、日本の首相にとっての最大の責務は、誰が米大統領になっても、その人と良い付き合いを持つことであるということをよく理解しています。これは、日本は西欧の先進諸国と異なり、周辺に非民主主義国や、歴史的問題を抱える国に囲まれていることが一つの理由になっているからです。しかし、日本人は、現状でアメリカの大統領とうまくやっていけているからと言って安堵してはなりません。今後何が求められるかが不透明だからです。例えば、トランプ氏は通商問題で非常に厳しい態度をとっています。このままトランプ氏がハッタリを続けると、朝鮮戦争が起きる危険性もあると思われます。「戦略がないアメリカと良い関係を保つのが日本の戦略」となって良いのでしょうか。二国間だけでなく、周辺国との関係も考えていく必要があると考えます。

質疑応答

終了間際まで多数質問が寄せられ、カーティス氏は一つ一つの質問に鋭い示唆を加え回答していました。

(質問抜粋)「今、先進民主主義国で高まっているポピュリズムの流れは、いつまで続くのでしょうか。どうやったらまともな民主主義国にもどるのでしょうか?」

▼ カーティス氏回答





ジェラルド・カーティス プロフィール

(公財)日本国際交流センターシニア・フェロー、コロンビア大学名誉教授 

日本の政治外交、日米関係、米国のアジア政策等を半世紀近くにわたり研究。日本の選挙についての研究で1968年にロンビア大学より博士号取得。1976年にコロンビア大学政治学部教授に就任。その後、同大学東アジア研究所所長等を務める。東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学、政策研究大学院大学等で客員教授を歴任。自民党政治の構造を分析した『日本型政治の本質』で大平正芳記念賞を受賞。その後、中日新聞特別功労賞、国際交流基金賞、旭日重光賞を受賞。日本のメディアにも幅広く寄稿。『政治と秋刀魚』『日本政治をどう見るか』,『日米中トライアングル』などの著書多数。現在(公財)日本国際交流センター及び米国法人日本国際交流センター双方の理事並びに日本国際交流センターシニア・フェローを務める。



*麻布グローバル・サロンは、JCIE会員の皆様をご招待し、JCIEの事業を通して見える世界の変化をお伝えして忌憚のない議論を行う場です。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。