JCIE eNews 2014年12月号

⇒ JCIE eNews目次へ

日本国際交流センター(JCIE)は、東京とニューヨークを拠点に、政治・経済、国際関係、グローバルイシュー、民間公益活動など様々な分野で「世界と日本の対話」を進めています。
2014年12月
 
日本国際交流センター(JCIE)は、東京とニューヨークを拠点に、政治・経済、国際関係、グローバルイシュー、民間公益活動など様々な分野で「世界と日本の対話」を進めています。最近の活動のアップデートをお送りいたしますので、どうぞご一読くださいますようお願い申し上げます。
大河原昭夫
いろいろなことがあった2014年も残りあとわずかとなりました。皆様にとって今年はどのような年だったでしょうか。
本年2月に開始した「JCIE eNews」はおかげさまで好評裏に6号目を迎えることが出来ました。来年もJCIEでは様々な分野で国際交流に関わるプロジェクトを意欲的に推進し、最新の活動の一端をこのeNewsでお伝えしてまいります。引き続きのご愛読を宜しくお願い致します。
どうぞ良いお年をお迎えください。
(公財)日本国際交流センター
理事長 大河原 昭夫
UHCに関する日本・世界銀行共同研究出版記念シンポジウム
シンポジウムの様子
池上直己氏とジョン・キャンベル氏
池上直己氏(左)とジョン・キャンベル氏(右)
2014年11月10日、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)に関する日本・世界銀行共同研究プログラム最終報告書の出版を記念するシンポジウムが東京の国連大学本部で開催され(主催:日本政府、世界銀行/協力:日本国際交流センター)、約160名にご参加いただきました。シンポジウムでは、報告書の著者らから、保健財政と保健人材の問題、そしてそれを取り巻く政治経済状況に焦点を 当てた11か国の事例研究の成果と、UHCを実現・維持する上で日本の経験から世界に共有しうる教訓について発表され、UHCの達成を後押しする今後の支援のあり方について議論が行われました。 議論の詳細を読む
シンポジウムの動画(Youtube) 日本語English
UHCに関する日本・世界銀行共同研究プログラム
UHCロゴ
12月12日は、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ・デー(UHCデー)です。
日本国際交流センターは、世界の450以上の組織が加わるUHCデーのキャンペーンのパートナーとして、日本でUHCに対する理解を広める活動に参加しています。 詳しくはこちら

ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)とは 
すべての人が適切な予防、治療、リハビリなどの保健医療サービスを、必要な時に支払い可能な費用で受けられる状態 (WHOによる定義)

第23回日独フォーラム

第23回日独フォーラム
(c)Bundesregierung/Denzel
2014年11月4日から6日にかけて、日独フォーラム第23回合同会議がベルリンのドイツ連邦議会で開催されました。今回のフォーラムでは、日独両国における政治経済、エネルギー、安全保障に加え、初めて両国における人口動態の傾向や労働力不足と移民政策がテーマに加わり、活発な議論が行われました。5日に行われた表敬訪問において、メルケル首相は日独の共通課題として低い出生率と高齢化を取り上げ、また、イノベーション、ナショナリズム、対中関係、移民問題、ヤングリーダーの重要性などについて言及しました。 議論の詳細を読む
第23回日独フォーラム プログラム (PDF)|参加者 (PDF) |English
「技能外国人安定雇用制度」についての提言
提言説明会
人口減少や労働者不足への対策として外国人労働者活用の議論が活発化している中、日本国際交流センターでは、外国人受け入れにかかわる政策立案において先導的な役割を果たすべく、外国人の定住を前提とした総合的なスキームとして「技能外国人安定雇用制度」を構想し、政策提案しました。この制度は、数多くの問題が指摘されている従来の技能実習制度に代わり、外国人が社会の構成員として自らの能力・技能を発揮して生活の安全・質を向上できる環境を整備することを目指しており、同時に少子高齢化による長期的な労働力人口の減少という日本社会の構造的な問題にも対処することを試みる提言です。 詳細を読む
「技能外国人安定雇用制度」創設の提言 全文 (PDF)|要約 (PDF)
これまでの調査・事業の成果: 「人口減少と外国人の受け入れ構想プロジェクト」
「だから“日中韓”—絆の再発見」 第2回セミナー参加受付中
だから日中韓パンフレット
「競い、高め合うライバル」 
岡田武史元サッカー日本代表監督、池田誠剛元サッカー韓国代表コーチ、柳想鐵(ユ・サンチョル)元サッカー韓国代表選手・Jリーガーを迎え、お話を伺います。 詳細はこちら

 日時: 2015年1月16日(金) 18:00〜20:00
 場所: 国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール
      (東京都港区六本木5-11-16)
 参加費: 無料
 定員: 180名
 言語: 日本語

参加をご希望の方は1月14日(水)までこちらのフォームよりお申し込みください。 (定員に達し次第締め切りとさせていただきますので、お早めにお申し込みください) 
3月16日開催の第3回は、北京大学のアニメファンサークル所属の学生たちによるパフォーマンスをまじえて、日中韓の若い世代でのポップカルチャーの受容についてご紹介します。
日中韓セミナー
2014年11月25日、第1回セミナーを国際文化会館で開催しました。「舞台とビデオで未来を拓く」というテーマで日中韓三か国による共同制作に携わった大学生とプロの芸術家を招き、約120名にご参加いただきました。学生、芸術家それぞれの立場での経験から、日中韓の新たな関係づくりのヒントが示唆されました。 詳細を読む
新刊情報
JCIEからのお知らせ
日本国際交流センターは、グローバルファンド日本委員会ほか国際保健分野の事業を主な担当とする正職員を募集しています。(2015年1月20日締切) 詳細はこちら
 
Share
Tweet
Forward
このメールニュースは、JCIEの会員の皆様および役職員が名刺を交換させて頂いた方にお送りしております。アドレスの変更や配信停止は下記をご利用ください。

バックナンバー

アドレスの変更
 (またはnews@jcie.or.jpまでお知らせ下さい)

配信停止
 (クリックすると即時に停止となります)
 
   JCIE(英語)
   グローバルファンド日本委員会
   震災復興支援プログラム(英語)
発行:
公益財団法人 日本国際交流センター(JCIE)
106-0047 東京都港区南麻布4-9-17
TEL: 03-3446-7781(代)  |  FAX: 03-3443-7580  |  Email  | www.jcie.or.jp/japan/

米国法人 日本国際交流センター(JCIE/USA)
  135 West 29th Street, Suite 303
New York, NY, 10001
 TEL: +1 (212) 679-4130  |  Email  |  www.jcie.org
 
Copyright (C)Japan Center for International Exchange
無断転載はお断りいたします。
Copyright (c) 2014 Japan Center for International Exchange, All rights reserved.
⇒JCIE eNews 目次へ