JCIE eNews 2015年12月号

⇒ JCIE eNews目次へ

日本国際交流センター(JCIE)は、東京とニューヨークを拠点に、政治・経済、国際関係、グローバルイシュー、民間公益活動など様々な分野で「世界と日本の対話」を進めています。
2015年12月
 
日本国際交流センター(JCIE)は、東京とニューヨークを拠点に、政治・経済、国際関係、グローバルイシュー、民間公益活動など様々な分野で「世界と日本の対話」を進めています。
2015年も多くの皆さまにご支援をいただきありがとうございました。本年最後のアップデートをお送りいたします。
画像がうまく表示されない場合はこちらをクリックしてください。
年末のご寄付をお考えの方は、ぜひJCIEへお願いいたします。
 
今年も1年間、JCIEの活動をご支援いただき、ありがとうございました。年末のご寄付をお考えの方は、ぜひ、民間外交のパイオニアJCIEへのご支援をお願いします。

とかく、わかりにくいと言われるJCIEの活動を、ご寄付をお考えの皆様向けにわかりやく説明を試みました。ぜひご一読いただき、ご支援いただければ幸いです。

ご寄付は、ファンドレイジングサイト:JAPAN GIVINGにて承っております。 
(クレジットカード、銀行振込による決済が可能です。詳しくはこちら

 
 ※税額控除適用のための領収書発行は、個別にご依頼を承ります。 
   【JAPANGIVINGの登録名、ご氏名、ご住所】を明記の上、support@jcie.or.jpへご連絡ください。

新たな開発目標とユニバーサル・ヘルス・カバレッジ

JCIEでは12月16日、外務省、財務省、厚生労働省、JICAとの共催で、国際会議「新たな開発目標の時代とユニバーサル・ヘルス・カバレッジ」を開催しました。翌日に開催されたグローバルファンド(世界エイズ・結核・マラリア対策基金)の増資準備会合とあわせ、国際保健分野の国際機関、政府代表、研究者、企業、民間財団や市民社会の代表などが多数来日し、300名規模の会議となりました。エボラ出血熱を受けて国際保健が重要な岐路にある中、また、国際社会の新しい開発目標が1月から発効する重要な時期に、来年G7議長国となる日本で本会議が開催されたことは、時宜を得たものとなりました。
会議概要を読む 和文英文  
 

[ JCIE インタビュー動画]
パブロス・メンデス 米国際開発庁国際保健担当Assistant Administratorに、JCIE/USA のジム・ギャノンが、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジにおける米国の役割をうかがいました(3:23、英語)。
他の7名のリーダーのインタビュー動画もこちらからご覧下さい。
 

ビル・ゲイツ氏を迎えての懇談会

来日中のビル&メリンダ・ゲイツ財団共同議長のビル・ゲイツ氏を迎え、グローバルファンド日本委員会の会合を12月17日に開催しました。グローバルファンドはゲイツ財団にとって最大の支援先の一つです。14名の国会議員、12名のアドバイザリーボードメンバー、グローバルファンド事務局幹部を前にゲイツ氏は、グローバルファンドやGAVIなどの新しい官民連携基金が達成した成果を高く評価するとともに、日本が来年のG7伊勢志摩サミットで保健を優先課題として取り上げる意思を表明したことに感謝の意を表しました。またエイズ・結核・マラリアの流行の終息に向けて科学技術のイノベーションが着実に進んでいることを紹介し、日本のグローバルファンドへの継続的な支援を呼びかけました。

JCIEでは、ゲイツ氏の来日中の様々なメディア取材にご協力しました。年内に既出のインタビュー記事は以下オンラインでご覧いただけます。

新刊情報

Navigating Change: ASEAN-Japan Strategic Partnership in East Asia and in Global Governance (2015年11月刊)
編著: Rizal Sukma and Yoshihide Soeya

インドネシア政府の委託、日ASEAN統合基金(JAIF)の支援を受けて、JCIEとインドネシア戦略問題研究センター(CSIS)が2年間にわたり実施した「日本・ASEAN戦略的パートナーシップに関する知的対話」の2年目の成果報告書です。 東アジア及びグローバル・ガバナンスにおける日・ASEAN協力のあり方について、日本とASEANの若手研究者が、地域安全保障、サイバー・セキュリティ、海洋協力、災害、貧困削減、国際貿易、非核、テロ、食糧・水安全保障など主要テーマごとに検討した成果を収録しています。
Share
Tweet
Forward
このメールニュースは、JCIEの会員の皆様および役職員が名刺を交換させていただいた方を中心にお送りしております。
バックナンバーの閲覧、アドレスの変更や配信停止は下記をご利用ください。


バックナンバー

アドレスの変更
 (またはnews@jcie.or.jpまでお知らせ下さい)

配信停止
 (クリックすると即時に停止となります)
 
   JCIE(英語)
   グローバルファンド日本委員会
   だから“日中韓”—絆の再発見
   震災復興支援プログラム(英語)
発行:
公益財団法人 日本国際交流センター(JCIE)
106-0047 東京都港区南麻布4-9-17
TEL: 03-3446-7781(代)  |  FAX: 03-3443-7580  |  Email  | www.jcie.or.jp/japan/

米国法人 日本国際交流センター(JCIE/USA)
  135 West 29th Street, Suite 303
New York, NY, 10001
 TEL: +1 (212) 679-4130  |  Email  |  www.jcie.org
 
Copyright ?Japan Center for International Exchange
無断転載はお断りいたします。
Copyright c 2015 Japan Center for International Exchange, All rights reserved.