日本の若手地方議会議員、政党スタッフ、国会議員秘書、シンクタンク研究員など8名が、ワシントンDC、オクラホマ州、南カリフォルニア州を訪問した。

ワシントンDCでは連邦議員、国務省、政党スタッフ、経済関係やNPO関係者と懇談した。8年ぶりに発足したブッシュ共和党新政権下での外交政策の課題や日米関係の展望について意見交換をしたほか、米国の選挙活動や政治資金についての知識を深めた。

オクラホマでは2000年ACYPL訪日プログラム参加者であるケイリン・フリー、ピッツバーグ郡・ハスケル郡地方検事(民)の協力を得て、州議会議員やロビーイストから、連邦と地方の役割についてブリーフィングを受けたほか、縦割り行政を再編成しNGO/NPO主導組織の例となる幼児虐待防止センターを訪問した。

またオクラホマは65部族ものネイティブ・アメリカンが定住する州として有名なことから、最大部族チカソー族居住区を訪問し、特別行政システムについて知識を深めた他、伝統文化に触れる機会も得た。刑務所訪問では司法制度についてブリーフィングを受け、特別に死刑囚監房棟を視察した。

カリフォルニア州オレンジ郡では、市議会議員、市長、シティマネージャーとの懇談を通して、連邦、州、郡、市町村の関係について知識を深めた他、行政評価について意見交換を行った。また、NPOによる公共サービスの例として全米にネットワークを持つBoys & Girls Club訪問。移民人口が多い事から、コミュニティポリスと呼ばれる地域密着型警察運営を視察し、地域社会に根ざした柔軟な自治体運営を視察する機会も得た。

参加者


[自由民主党]
小 田 圭 一 岡山県議会議員
平 田 景 子 宇多津町議会議員
古 川 直 季 横浜市議会議員
山 岡 保 治 党本部組織局、コンピューターシステム推進室

[民主党]
竹 内 英 明 党参議院国会対策委員会副主査
近 澤 昌 行 古川元久衆議院議員秘書

[公明党]
大 松   成 公明新聞編集局教宣部主任記者

[構想日本]
長 尾 亜 紀 研究員(法学博士)