BookCover CSRの行動課題としての感染症
国際シンポジウム「三大感染症との闘いと企業の役割」報告書

発 行
世界基金支援日本委員会事務局
 
出版年月・判・頁等
2005年9月、56頁 無料 【在庫なし】

ISBN
ISBN4-88907-121-0
 
概 要
 2005年6月に開催した国際シンポジウム「三大感染症との闘いと企業の役割:成功事例から学ぶ地球的課題への対応」の報告書。三大感染症(エイズ・結核・マラリア)対策における企業の役割とその世界的潮流、実績ある取り組みを行っているグローバル企業の事例を収録している。また、感染症対策への日本企業の参画の必要性や、NPO、政府機関、国際機関等とのパートナーシップによる効果的な対応についての議論が取り上げられている。
 なお、本書全文(pdf)はこちらからダウンロード可能。


【報告書構成】
はじめに
第1セッション
三大感染症に対する企業の取り組みの世界的潮流
  世界エイズ・結核・マラリア対策基金
  世界経済フォーラム・世界保健イニシアティブ(WEF/GHI)
  HIV/エイズ世界経済人会議(GBC)
  三大感染症に対する企業の取り組みー日本の経済界の視点
  質疑応答

第2セッション
グローバル企業の取り組み
  技術開発が可能にした新しいマラリア予防策
住友化学株式会社
  マーケティング力を活かしたエイズ予防
M・A・Cコスメティックス社/M・A・Cエイズ基金
  新薬によるマラリア対策への貢献
ノバルティス
  社員から地域、世界に広がるエイズ対策
スタンダードチャータード銀行
  企業が担う地域のエイズ対策
ダイムラー・クライスラー社
アングロ・アメリカン社
  質疑応答