BookCover

ジョージ・ソロス
投資と慈善の哲学


発 行
NHK出版(ウェブサイト :http://www.nhk-book.co.jp
著 者
ジョージ・ソロス/山本 正
出版年月・判・頁等
2008年1月25日、90頁、価格:950円+税
ISBN
978-4-14-081225-9 C0300
ご注文方法
最寄りの書店、またはNHK出版のウェブサイトへ
NHK出版(ウェブサイト :http://www.nhk-book.co.jp/tv_r/nspe.html
概 要
本書は、2007年6月にNHK BS特集「未来への提言」にて放映された、ジョージ・ソロス氏のインタビュー番組(聞き手:日本国際交流センター理事長山本正)が、出版化されたものである。投資家として知られるジョージ・ソロスは、東欧の民主化支援やエイズなどの感染症対策への支援で知られるフィランソロピスト(慈善家)でもある。ナチスの迫害やソ連の占領から逃れた少年時代、ロンドンでの恩師カール・ポッパーとの出会い、財団の設立と東欧支援、地球規模の課題との闘い、批判精神を失った米国による「テロとの闘い」への憂いなど、2時間近い対談の全容が収録されている。

ソロス氏は、当センターが日本委員会の事務局を務める世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金・在ジュネーブ)への熱心な支援でも知られる。ソロス氏は、ビジネスモデルにも通じる世界基金の効率的な運営と、政府と民間の双方が参加するガバナンスを高く評価し、地球規模の課題に効果的に対処するためには、世界基金のような組織が、これから必要とされる国際機関のひとつのモデルになるだろう、と述べている。

【構成】

目次
Chapter 1 「開かれた社会」を目指して
伝説の投資家のもうひとつの顔/人生の師カール・ポッパーとの出会い
ナチスの迫害から逃れて/オープン・ソサエティ財団
「私は間違っているかもしれない」という哲学
コラム1 カール・ポッパーと「開かれた社会」
コラム2 ソロスと二つの金融危機

Chapter 2 地球規模の課題に立ち向かう
エイズとの闘い/世界基金の活動/慈善活動にビジネス的手法を持ち込む
企業の社会貢献について/政府と民間のバランス
コラム3 世界基金

Chapter 3 世界平和の実現のために
市場原理主義への批判/「テロとの戦い」がもたらしたもの/民主主義は甦るか
国際機関を発展させる/国家主権と国際社会/世界平和と日本の役割
より良い「国際社会」をつくる/人間の安全保障

インタビューを終えて
人類共通の課題のために国際社会はどうあるべきか
山本正((財)日本国際交流センター理事長・世界基金支援日本委員会ディレクター)

本書の元となった番組
NHK BS特集「未来への提言」投資家ジョージ・ソロス〜"国家なき政治家"は訴える〜
BS1 2007年6月16日(土)午後10:10〜11:00放送
番組ウェブサイト:http://www.nhk.or.jp/bs/teigen/2007.html#200706162210
関連リンク
オープン・ソサエティ財団:http://www.soros.org/
世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金):http://www.theglobalfund.org/en/
世界基金支援日本委員会:http://www.jcie.or.jp/fgfj/