BookCover

Building Resilience―Human Security Approaches to AIDS in Africa and Asia


発行
Japan Center for International Exchange
編者
Susan Hubbard and Tomoko Suzuki
出版年月・判・頁等
2008年5月、A5版106頁、価格:1100円+税
ISBN
4-88907-079-6
概要
過去20年間、エイズに対して様々な取り組みが行われてきた。しかし、2007年度のUNAIDS年次報告では、世界には3300万人のHIV感染者がおり、新規感染者もサハラ以南アフリカでは170万人、アジアでは44万人に上る。エイズによる社会的、経済的負荷はいまだに大きいと言えよう。また、現場からは、これまでのエイズ対策では不十分であるとして、新しいアプローチを求める声も聞かれる。本書は、国連人間の安全保障基金プロジェクトの内、エイズに関わる諸問題を扱ったものを、アジアから2件、アフリカから3件選び、現場における、エイズに対する人間の安全保障アプローチの可能性を検討した。また、スリン・ピツワン人間の安全保障諮問委員会委員・元タイ国外務大臣のコメントも収録している。

*下記より日本語版のダウンロードが可能です。
  「人間の安全保障アプローチで取り組むエイズ:アジアとアフリカの事例から」 [765KB]
構成
Foreword
List of Abbreviations
Expectations for the United Nations Trust Fund for Human Security (Surin Pitsuwan)
Introduction: Why Human Security Now?
Features of Human Security Projects in the Field of HIV/AIDS
Strategies for Promoting Human Security
Evaluating Human Security Projects
Recommendations
Appendices
Policy Frameworks in Project Countries
Profiles of Projects
Interviewees and Other Resource People
About JCIE and the FGFJ

出版物の入手方法については「ご注文方法」のページを参照ください。