Looking for Leadership: The Dilemma of Political Leadership in Japan

BookCover

 発行
日本国際交流センター
 編著者
佐橋亮、ジェームズ・ギャノン
 著者
細谷雄一、竹中治堅、越智隆雄、安藤(内田)優香、森聡
 出版年月・判・頁等
2015年12月、価格:2880円+税
 
 ISBN
978-4-88907-1429
 概要
過去25年間で日本には16名の首相が生まれた。これはイタリアやポーランドと並ぶ水準であり、少なくとも海外からみれば日本政治の不安定さの象徴とみなされている。「首相リレー」はなぜ生まれてしまったのか。それは日本と諸外国との関係にいかなる影響を与えるのか。

本書が構想された民主党政権末期と比べれば、現在の日本政治が抱える問題はむしろ政治リーダーシップの強さという指摘もあろう。しかし本書は、国会運営、自民党総裁選、政官関係、世論との関係などを題材として、日本政治が根幹に抱える不安定要素は現在も解消されていないことに注目する。また民主党政権による外交を例に取り、なぜそれが対米関係、対中関係において期待された効果を上げることがなかったのか、原因を探る。

本書は、スミス・リチャードソン財団の助成を得て実施された「政治リーダーシップの不在とその国際的影響」の成果である。
 構成
Preface
Introduction
1. Looking for Leadership
James Gannon and Ryo Sahashi
Domestic Governance and Political Leadership in Japan
2. The Evolution of Japan's "Leadership Deficit"
Yuichi Hosoya
3. The Frequent Turnover of Japanese Prime Ministers: Still a Long Way to a Westminster Model
Harukata Takenaka
4. Party Politics and Leadership Change in Japan: The Prime Ministerial Relay
Takao Ochi
5. What Went Wrong under the DPJ?
Yuka Uchida Ando
Political Leadership and Foreign Policy
6. The DPJ Government's Failed Foreign Policy: A Case of Politician-Led Government Gone Wrong
Ryo Sahashi
7. Political Leadership in Japan and Japanese Foreign Policy: Lessons from the DPJ Governments
Satoru Mori
Conclusion
8. Japan's Way Forward: The Prospects for Political Leadership and the International Implications
James Gannon and Ryo Sahashi
Appendix
Prime Ministers of Japan
About the Contributors

 執筆者
内田 優香フライシュマン・ヒラード・ジャパン シニア・アドバイザー、元外務大臣秘書官
越智 隆雄衆議院議員、元内閣府大臣政務官
佐橋 亮(公財)日本国際交流センター リサーチ・フェロー、神奈川大学法学部准教授 (編者)
竹中 治堅政策研究大学院大学教授
細谷 雄一慶應義塾大学法学部教授
森 聡法政大学法学部教授
ジェームス・ギャノン
(James Gannon)   
米国法人日本国際交流センター事務局長 (編者)


本書の入手方法については「書籍のご注文・お問い合わせ」を参照ください。