出版物

発行

Japan Center for International Exchange

 

著者

保健システム強化に向けたグローバル・アクション・タスクフォース


出版年月・判・頁等
2009年1月、A5版142頁 

 

ISBN

4-88907-129-6C

 
概要

2008年7月G8北海道洞爺湖サミットにおいて、「国際保健に関する洞爺湖行動指針」が発表された。本書は、同指針をフォローアップするために、「国際保健の課題と日本の貢献」研究会が組織した国際タスクフォースの研究・対話活動の成果である。本書では、保健システム強化を中心的なテーマとして取り上げ、中でも、保健人材、保健財政、保健情報に焦点を当てた政策提言を取りまとめた。本書は、英文、和文、伊文(武見・ライシュ論文のみ)で刊行され、2009年1月16日に日本政府に提出され、さらに2009年のG8議長国であるイタリア政府にも手渡された。本書は仏語にも翻訳された(仏文 pdf PDF[1.4MB])。本報告書のプレスリリースはこちら
本書全文は、以下のアドレスから入手可能。
http://www.jcie.org/japan/j/pdf/gt/cgh-jc/20090116teigen_j.pdf  PDF[1.7MB]

 

構成

G8とグローバル・ヘルス:洞爺湖サミット後の政策形成のあり方 武見敬三 マイケル・R・ライシュ
保健人材危機克服の機運をいかに活かすか 神馬 征峰
途上国における保健財政の強化 ラビンドラ・ランナン・エリヤ
保健情報分野での協調に向けて 渋谷 健司
参考資料  

公益財団法人 日本国際交流センター

〒107-0052
東京都港区赤坂1丁目1番12号 明産溜池ビル 7F

Tel.03-6277-7811 Fax.03-6277-6712

http://www.jcie.or.jp/japan


米国法人 日本国際交流センター (JCIE/USA)

135 West 29th Street, Suite 303

New York, NY 10001 USA

Tel: +1 (212) 679-4130

http://www.jcie.org/

Copyright © Japan Center for International Exchange (JCIE)