活動報告

日本国際交流センター(JCIE)では、2017年5月の塩崎恭久厚生労働大臣訪米の機会を捉えて、米国の戦略国際問題研究所(CSIS)との共催により第2回日米グローバルヘルス協力対話を実施しました。5月3日にCSISで開催された本対話には、米国大統領府や両国のグローバルヘルスに関わる主要な政府機関、医療研究支援機関や医薬品・医療機器等審査機関の幹部、米国の民間財団や企業の代表など計40名以上が参加し、3月に開催された第1回対話の議論を踏まえ、健康安全保障、感染症、多国間機関のガバナンス、イノベーションの各分野での日米協力を強化する方途について意見を交わしました。

 

本対話では、日米関係においては、米国での政権交代による対米戦略の見直しは特に必要ないことが確認され、れまでにグローバルヘルス分野で進められてきた種々の協働事業を土台に、新たにローバルヘルス・セキュリティ(世界保健安全保障)に関する日米協力イニシアティブを立ち上げ、両国の関係省庁、諸機関や専門家、企業、市民社会による分野横断的な協力を促す必要性が提案されました。

 

会議レポート

U.S.-Japan Dialogue: Strengthening the Partnership on Global Health

Joint Meeting Summary Report by CSIS and JCIE  (2017年7月25日)

 

和訳「第2回日米グローバルヘルス協力対話 要旨

 

プログラム

歓迎の辞

ジョン・ハムレ 戦略国際問題研究所(CSIS)理事長・CEO
大河原昭夫 日本国際交流センター(JCIE)理事長・CEO

 

特別リマークス

マイケル・グリーンCSISアジア担当上級副所長兼ジャパン・チェアーによる大臣の紹介
塩崎恭久 厚生労働大臣 和文英文

 

討議

  • 健康安全保障
       パンデミックへの備え、規制当局の調和、緊急事態への基礎的対応能力の開発
  • 感染症
  • 世界エイズ・結核・マラリア対策基金、Gaviワクチンアライアンス、等
  • 多国間機関のガバナンス
    WHO改革、世界銀行、現場の国連諸機関の強化、G7
  • イノベーション
    感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)、米国国立衛生研究所(NIH)・日本医療研究開発機構(AMED)及びアメリカ食品医薬品局(FDA)・医薬品医療機器総合機構(PMDA)の協力

 

総括―今後の方向性

J. ステファン・モリソン CSIS副所長、グローバルヘルスポリシーセンター所長
武見敬三 参議院議員、JCIEシニア・フェロー

公益財団法人 日本国際交流センター

〒107-0052
東京都港区赤坂1丁目1番12号 明産溜池ビル 7F

Tel.03-6277-7811 Fax.03-6277-6712

http://www.jcie.or.jp/japan


米国法人 日本国際交流センター (JCIE/USA)

135 West 29th Street, Suite 303

New York, NY 10001 USA

Tel: +1 (212) 679-4130

http://www.jcie.org/

Copyright © Japan Center for International Exchange (JCIE)