活動報告

2020年7月30日、日本国際交流センター(JCIE)は国連フォーラムの共催を得て、前国連日本政府代表部参事官 江副聡さんをお招きし、ウェビナー「NYの国連で見たグローバルヘルス外交の現場」を開催しました。

 

江副さんはニューヨークの国連代表部にて参事官としてグローバルヘルス分野を担当され、日本に関係の深いテーマである結核(2018年)、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)(2019年)に関する国連総会ハイレベル会合において中心的な役割を果たされました。

 

今回のウェビナーでは、これらの会合の経緯や成果を学びつつ、日本の果たした主要な役割や両会合の主な争点、多様なステークホルダーとの協働などについて、国連グローバルヘルス外交の交渉当事者の視点からお話いただきました。ウェビナーには、国連・国際機関、政府機関、市民社会・NGO、民間セクター、学術界など、国内外から250名を超える参加者が集まり、後半は活発な質疑応答が行われました。

 

 

江副さんによる講演内容全文は、こちらからお読みいただけます。

なお、本ウェビナーの講演内容は所属組織の公式見解ではなく、発表者の個人的な見解に基づくものです。

 

プログラム

 8:00~8:05

 

開会

 吉田 智子 JCIE/USAシニア・プログラム・オフィサー 【進行役】

 8:05~8:10

 

挨拶・講師紹介

 横井 裕子 国連フォーラムNY勉強会幹事

 8:10~8:30

 

講演

 江副 聡 前国連日本政府代表部参事官 

 8:30~8:55 質疑応答
 8:55~9:00 閉会

 


 

講師プロフィール

江副 聡 前国連日本政府代表部参事官

2002年厚生労働省に入省、医療安全や診療報酬を担当した後、2005年にハーバード大学ケネディ行政大学院・公衆衛生大学院 にてMPA/MPHを取得後、障害保健福祉部精神・障害保健課(精神保健)、ジュネーブのUNAIDS(国連合同エイズ計画)にて勤務。健康局がん対策推進官(がん対策)、国際保健企画官(WHO、G7等国際保健担当)を経て、NYの国連代表部へ。3年間の任期を終え帰国し、8月から外務省国際保健政策室長。

公益財団法人 日本国際交流センター

〒107-0052
東京都港区赤坂1丁目1番12号 明産溜池ビル 7F

Tel.03-6277-7811 Fax.03-6277-6712

http://www.jcie.or.jp/japan


米国法人 日本国際交流センター (JCIE/USA)

475 Riverside Drive, Suite 731

New York, NY 10115 USA

Tel: +1 (212) 679-4130

http://www.jcie.org/

Copyright © Japan Center for International Exchange (JCIE)
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com