マラリア制圧に向けて、私たちのできること。         

この十数年、各国政府、国際機関、財団、企業、NGOなどがパートナーシップを組み、
マラリアによる脅威から、世界中の子どもや女性の命を救ってきました。
しかし、今もなお毎年2億人以上がマラリアにかかり、毎年60万人以上がマラリアで命を
落としています。アフリカではマラリアによる経済損失は1兆2000億円といわれます。

このイベントは、マラリア制圧に向けて国内外で活動している団体が
世界マラリアデーの4月25日に合わせて共同で行う特別イベントです。

マラリアのない世界をつくるために、1人ひとりができること。
知って、触れて、食べて、考えて、友人の輪を広げることから、変えていきませんか?
アフリカの楽器「ニャティティ」日本人女性奏者 アニャンゴの歌声とともに、ここ東京から、
一人の力、POWER OF ONEを世界に向けて、発信したいと思います。

⇒イベント報告

 開催日時  2014年4月25日[金] 19:00‐21:00(開場18:30)
会場 The GARDEN Ginza
  東京都中央区銀座1-5-10 ファーストファイブビル10F →アクセス
参加費 一人3000円(ブッフェ・ドリンク込み)
  *うち500円は、Malaria No More Japan のPower of Oneへ寄付されます
参加方法 お申込フォームより直接お申し込みください。 (日本医療政策機構のウェブサイトに移動します)
  *定員100名 (定員に達したためお申し込みを締め切りました)

世界初女性ニャティティ奏者、アニャンゴ。そのパワフルな演奏とのびやかな歌声は、多くの人の心を惹きつけてやみません。アフリカでの生活や自身も経験したマラリアという感染症の話も交えながらのトーク&ミニライブにご期待ください。

アニャンゴ

東京生まれ。アフリカの音楽に魅了され、単身ケニア奥地の村で修業し、現地でも限られた男性だけに演奏が許されているニャティティの世界初の女性奏者となる。日本国内だけでなく、アフリカ、ヨーロッパなどでも広く演奏活動を行っている。2010年8月、FUJIROCKに出演。2011年11月、テレビ朝日「徹子の部屋」出演。2013年10月、4枚目となる『ALEGO〜ニャティティの故郷』をリリース。12月、『翼はニャティティ舞台は地球』(学芸みらい社)を出版。Anyangoとはルオ語で、「午前中に生まれた女の子」という意味。日本ケニア文化親善大使として、日本全国各地の小・中学校で公演も行っている。
堀井 俊宏
大阪大学微生物病研究所教授


寄生虫病マラリアの知られざる生活環(ライフ・サイクル)、実は深い関係がある日本とマラリアの歴史、貧困病としてのマラリアや、いまだ世の中に存在しない効果的なマラリアワクチン開発に向けた日本発の取り組みなど、マラリア研究の第一線で活躍する堀井先生に解説していただきます。

水野 達男
マラリア・ノーモア・ジャパン専務理事
(元住友化学ベクターコントロール事業部長)

企業人として取り組んだ蚊帳の配布活動、そしてNPO法人の立ち上げへ。自身の経験を踏まえながら、マラリア制圧に向けて「今わたしたちができる事」を提案します。

1953年生。1976年大阪大学大学理学部卒業、1980年同助手。1984より1986年米国ダートマス大医学部准教授。1991年大阪大学微生物病研究所助教授、1999年より同教授。2005年より同附属難治感染症対策研究センター長及び感染症国際研究センター長併任。 北海道大学卒業後、22年間の米国外資勤務、1999年に住友化学入社。2007年からはアフリカにおける、マラリア予防蚊帳の製造・販売・研究拠点をタンザニアに設立、現地JVの役員を務める。2012年11月から現職。マラリア撲滅に向けた啓発・政策提言活動、アフリカ進出企業支援も進めている。
伊藤 聡子

日本国際交流センター執行理事・世界基金支援日本委員会事務局長

2000年のG8九州沖縄サミットの成果として設立された「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」(世界基金、本部ジュネーブ)を支援する日本委員会の事務局長を務める。慶応義塾大学卒、ロンドン大学東洋アフリカ学院(SOAS)修士課程修了。


Power of Oneキャンペーンとは

あなたのワンコインが、マラリア制圧のチカラになる

Power of Oneキャンペーンは、アメリカに本部を置くNGO「Malaria No More」による募金キャンペーン。ワンコイン(1ドル)で、ひとりの子どもにマラリア初期治療のための簡易診断テスト・抗マラリア薬キットをアフリカの現地へ届けるキャンペーンです。日本ではMalaria No More Japan(マラリア・ノーモア・ジャパン)を通じて、アフリカの子どもたちへキットを届けます。
→詳細はこちら

*本イベント参加費3000円のうち500円は、手数料を差し引かれることなく
全額がマラリア・ノーモア・ジャパンのPower of Oneへ寄付されます。 

主催

一般社団法人 グローバルヘルス技術振興基金(GHIT)
特定非営利活動法人 日本医療政策機構(HGPI)
公益財団法人 日本国際交流センター(JCIE)/世界基金支援日本委員会(FGFJ)
特定非営利活動法人Malaria No More Japan(MNMJ)

協力

政策研究大学院大学グローバルヘルス・イノベーション政策プログラム
公益社団法人日本青年会議所