お知らせ

この度、日本国際交流センター(JCIE)では、以下の日程で、”GFF on the ground”をテーマに第3回グローバル・ファイナンシング・ファシリティ(GFF)勉強会を開催させていただくことになりました。

どうぞご参加ください。

 

◆日時:2021年7月1日 午前11:00-12:00
◆スピーカー:
1.Ms. Prak Sophonneary, Undersecretary of State, Ministry of Health, Royal Government of Cambodia

      ※Dr. Kim Rattana, Director of the National Maternal and Child Health Center, Ministry of Healthより変更となりました。
2.  Ms. Anne Marie Provo, Nutrition Specialist, World Bank 
3.  Ms. Leslie Elder, Senior Nutrition Specialist, Country Focal Point for Cambodia,
GFF secretariat 

◆ フォーマット:Zoom会議(お申し込み後に別途詳細をご送付申し上げます)
◆ 言語:英語

◆ 対象:グローバルヘルス、母子保健、栄養分野にご関心のある実務家、研究者、等
◆ 参加想定人数:30-40名程度

◆申し込み:終了

◆お申込み締切日:6月30日 12:00(正午)

 

JCIEでは、2018年より、グローバル·ファイナンシング·ファシリティ(GFF)に対する日本での理解を高め、支援体制を強化するための活動を実施しております。GFFは低·中所得国における母子・青少年保健・栄養分野への資金動員を後押しし、保健医療制度の包摂性を高める役割を担っており、UHC実現に向けてリーダーシップを発揮する日本のグローバルヘルス·ビジョンとも、強い整合性を持っています。

 

2019年に開始した本勉強会は、こうしたGFFの役割や、各国における活動実態を専門家の方々に理解を深めていただくために、GFFの活動に関わる方によるブリーフィングと意見交換の場として開催しております。

 

第3回目は、GFFの支援国の一つであるカンボジアに焦点を当て、カンボジア国内での母子・青少年保健分野におけるGFFの役割や効果、課題について検討します。特に、今年12月に開催される「東京栄養サミット」へ向け、栄養分野におけるカンボジアでの活動について、政府側のPrak Sophonneary氏と、GFF側のフォーカルポイント Elder氏に、それぞれの立場からお話をいただくことで、立体的に当国での状況を理解いただく機会になればと考えております。また、Provo 氏からは、栄養分野の専門家としての立場から、栄養分野での世銀とGFF との連携についても、お話いただく予定です。ご多忙とは存じますが、是非ご参加ください。

 

尚、昨年より発行しておりますニュースレター『GFF Monitor』および調査報告書『SDGsの達成に向けて―グローバル·ファイナンシング·ファシリティ(GFF)への期待と今後の課題』も以下のリンクよりご覧いただければ幸いです。

グローバル·ファイナンシング·ファシリティ(GFF)に対する支援体制の強化

公益財団法人 日本国際交流センター

〒107-0052
東京都港区赤坂1丁目1番12号 明産溜池ビル 7F

Tel.03-6277-7811 Fax.03-6277-6712


米国法人 日本国際交流センター (JCIE/USA)

475 Riverside Drive, Suite 731

New York, NY 10115 USA

Tel: +1 (212) 679-4130


日本語サイト https://www.jcie.or.jp/japan

グローバルサイト https://www.jcie.org

Copyright © Japan Center for International Exchange (JCIE)
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com