活動報告 Activities

民主主義の未来

2021.10.25

民主主義の未来:「日本の民主主義の再評価」第1回パネル討論「日本の民主主義の現状」を実施しました

「日本の民主主義の再評価」プロジェクトの第1回目となるパネル討論「日本の民主主義の現状」を2021年8月12日に実施しました。議論の内容をまとめた報告書が完成いたしました。

2021.09.17

民主主義の未来:オンライン懇談会「世界における民主主義・人権の危機と日本の支援」

民主主義の未来事業で、オンライン懇談会「世界における民主主義・人権の危機と日本の支援」を8月10日開催しました。

2021.07.13

民主主義の未来:「インド太平洋地域における民主的パートナーシップのためのサニーランズ原則」に関するオンライン会議を開催しました

民主主義の未来研究会事業で、「インド太平洋地域における民主的パートナーシップのためのサニーランズ原則」に関するオンライン会議を開催しました。

2020.12.24

第3回 民主主義の未来 Webinar 『インド太平洋地域における民主的ガバナンス実現のための協力とパートナーシップ構築』

JCIEは、2020年11月24日に、第3回 民主主義の未来 Webinar 『インド太平洋地域における民主的ガバナンス実現のための協力とパートナーシップ構築』を開催しました。

2020.09.04

第2回 民主主義の未来 Webinar 『フィリピンに学ぶ、新型コロナ対策の民主主義への脅威』

JCIEは、2020年8月5日に、第2回 民主主義の未来 Webinar 『フィリピンに学ぶ、新型コロナ対策の民主主義への脅威 』を開催しました。

2020.06.24

第1回 民主主義の未来 Webinar -台湾とインドネシアから学ぶ、新型コロナウイルス感染症(Covid-19)と民主主義の未来 – 

日本国際交流センター(JCIE)は、2020年6月12日に、第1回 民主主義の未来 Webinar -台湾とインドネシアから学ぶ、新型コロナウイルス感染症(Covid-19)と民主主義の未来 – を開催しました。本ウェビナーは、去る2月27から28日に開催を予定していた国際シンポジウムが、Covid-19の感染拡大により中止したことを受け、そのモメンタムを繋ぐため、非対面方式で開催したものです。   台湾とインドネシアから2名のアジア市民社会のリーダーをパネリストとして招き、日本のCSOリーダー、学者、メディアや米国の民主主義関連団体からの参加者30名とともに、Covid-19 が民主主義の価値や市民社会に対して与える影響、そして民主主義の将来について意見交換をしました。   ウェビナーで討議された議論は以下の通りです。   会議要旨 パンデミック下における開かれた民主的な社会の基盤を維持するためには、迅速な対応、透明性、政府への信頼、説明責任が、需要な要素です。しかし、命と人権をどう線引きするか?については、明確な答えが無いのが実情です。様々な国が様々な方法を用いて対処しています。しかしながら対処は、リスクを軽減する目的で行うべきであり、人権を脅かすものであっては決してななりません。行き過ぎた統制や侵害にならないように、市民社会は常に監視をする必要があります。   ポストコロナ時代において、市民社会は大きな挑戦を受けています。世界的に閉鎖性が高まり国際協力が減少する中、市民社会はどう活動すればよいでしょうか。Covid-19により、市民社会だけでなく、政府、国もリソースが枯渇しています。ODAがこれまで以上に緊急援助に向けられ、従来通りの資金援助が出来なくなる可能性もあります。SDGsの達成も後退していく恐れもあります。SDGs Goal 16 (平和と公正すべての人に)の達成には市民社会のネットワークや経験と知識が重要です。   これらの問題を解決するには一人だけ、一国だけでは不可能です。すなわち、国際協調、国際協力が過去にない程求められています。効果的かつ効率的に成功に導くためには、市民社会のネットワークや経験と知識が重要な役割を果たします。市民社会のメンバーがやるべきことはたくさんあります。     民主主義の未来プロジェクトの概要 冷戦終結により共産主義は自壊し、勝利した自由と民主主義が世界に拡散していくと信じられていました。ベルリンの壁崩壊から30年が経った今、世界各地では権威主義的統治手法が拡大し、先進民主国でさえポピュリズムの台頭でぐらつき始めています。今日の世界において、民主主義は顕著に後退していると言っても過言ではありません。   こうした問題意識を踏まえ、JCIEは、国際秩序と普遍的価値が現在どのような脅威にさらされているのかを理解し、日本としてどのような政策を展開できるのか検討する研究プロジェクト「民主主義の未来 -私たちの役割、日本の役割」を2018年に開始しました。   詳細はこちら

2018.09.01

民主主義の未来-私たちの役割、日本の役割 政策研究プロジェクト

民主主義は、二つの世界大戦を経て一つの政治体制として確立し、1970年代以降民主主義国家の数は爆発的に増加しました。日本においても1946年憲法に基づく国民主権、基本的人権の尊重と自由主義経済が、その後の経済発展の礎となりました。続く東西冷戦の終結は、「歴史の終わり」として共産主義との政治体制間の争いに終止符を打ち、以後民主主義が至上の政治体制に位置付けられたかに思われました。   しかし今日に続く10年余の間に、こうした楽観的な観測は妥当でないことが判明しました。ポピュリズムが世界各地で勢いを増し、権威主義的統治手法が拡大してきています。中国やロシアなどの権威主義体制が世界での影響力の拡大をはかっています。世界的な人権監視団体フリーダムハウス(米国)が2019年2月に発表した世界の自由度を図る年次報告書「2019年世界の自由度調査」によると、民主主義国や専制体制の国を含め、世界の自由度は13年連続で低下したと指摘され、“Democracy in Retreat”(民主主義は後退している)と評価されています。   日本は、民主主義、法の支配、自由貿易体制を遵守することで戦後の発展を実現してきており、国際社会の中で民主主義を守る役割を担う責任が大きいと考えます。こうした問題意識を踏まえ、日本国際交流センター(JCIE)は、国際秩序と普遍的価値が現在どのような脅威に晒されているのかを理解し、日本としてどのような政策を展開できるのか検討する政策研究プロジェクト「民主主義の未来 -私たちの役割、日本の役割」を2018年に開始しました。本プロジェクトは、高須幸雄国連事務総長特別顧問を主査に、研究者を中心に研究会を組織し、政策に携わる政治家、内外のシンクタンク、研究者と情報、意見の交換を行っています。     これまでの活動 2022年 民主主義の未来:「日本の民主主義の再評価」最終報告書を発表 民主主義の未来:米国及びインド太平洋諸国の民主主義問題専門家を招へいするサニーランズ・イニシアティブ・リトリート開催(東京・小田原) オンライン国際会議 「民主主義の未来:シビルソサエティと次世代リーダーの役割」 開催 民主主義の未来:「日本の民主主義の再評価」第3回パネル討論「市民社会、多様性、メディア」の報告書を発表   2021年 民主主義の未来:「日本の民主主義の再評価」第2回パネル討論「統治機構」の報告書を発表 民主主義の未来:ウェビナー「Enhancing Democratic Partnership in Asia」開催と提言の発表(2021年12月) 民主主義の未来:「日本の民主主義の再評価」第1回パネル討論「日本の民主主義の現状」を実施しました オンライン懇談会「世界における民主主義・人権の危機と日本の支援」を開催 (2021年8月) オンライン会議「インド太平洋地域における民主的パートナーシップのためのサニーランズ原則」を開催 (2021年6月) 「民主主義の未来」ウェブサイトに「対談・鼎談」ページを公開(2021年1月)   2020年 「民主主義の未来」ウェブサイトに「文献・資料」「インタビュー」ページを公開 第3回 民主主義の未来 Webinar 『インド太平洋地域における民主的ガバナンス実現のための協力とパートナーシップ構築』 を開催 第2回 民主主義の未来 Webinar 『フィリピンに学ぶ、新型コロナ対策の民主主義への脅威』 を開催 第1回 民主主義の未来 Webinar -台湾とインドネシアから学ぶ、新型コロナウイルス感染症(Covid-19)と民主主義の未来 – を開催 「民主主義の未来」ウェブサイトに「新型コロナウイルス感染症と民主主義の未来」特設ページを開設(2020年4月) 「民主主義の未来」ウェブサイトを公開 (2020年4月) 国際会議「グローバリゼーションと民主主義の危機」を開催(2020年2月27日)(*新型コロナウイルスの影響で開催延期)   2019年 「日本におけるサイバー干渉・情報操作と民主主義」研究会 (2019年10月26日) 国会議員と研究会メンバーによる訪米ミッション (2019年9月17日-23日) ”Japan’s Support for Democracy Related Issues: Mapping Survey” 出版 (2019年9月) アンドリュー・J・ネイサン コロンビア大学政治学教授との国会議員ラウンドテーブル (2019年5月30日) デレク・ミッチェル 全米民主国際研究所所長とのThought Leaders セミナー (2019年4月19日)   2018年 米国民主主義関連団体主催公開イベントへ研究会メンバー参加 (2018年12月5日) カール・ガーシュマン 全米民主主義基金理事長とフランシス・フクヤマ スタンフォード大学教授とのThought Leaders セミナー (2018年6月20日) カール・ガーシュマン 全米民主主義基金理事長とフランシス・フクヤマ スタンフォード大学教授との国会議員ラウンドテーブル (2018年6月19日)   研究会メンバー 主査  高須 幸雄   …

公益財団法人 日本国際交流センター

〒107-0052
東京都港区赤坂1丁目1番12号 明産溜池ビル 7F

Tel.03-6277-7811 Fax.03-6277-6712


米国法人 日本国際交流センター (JCIE/USA)

475 Riverside Drive, Suite 731

New York, NY 10115 USA

Tel: +1 (212) 679-4130


日本語サイト https://www.jcie.or.jp/japan

グローバルサイト https://www.jcie.org

Copyright © Japan Center for International Exchange (JCIE)