活動報告 Activities

グローバルヘルス

2019.01.29

アジア健康構想の英文ウェブサイト公開

人口高齢化、高齢者ケアに焦点を当てたアジア健康構想の英文ウェブサイトを公開しました。

2019.01.18

第2回グローバルヘルスに関する議員ブリーフィング「迫り来る薬剤耐性(AMR)の脅威、いま必要な政治のリーダーシップ」

2018年12月21日、日本医療政策機構(HGPI)との共催の下、第2回グローバルヘルスに関する議員ブリーフィングを実施しました。日本感染症学会ならびに日本臨床微生物学会の理事長を務める舘田一博 東邦大学微生物・感染症学講座教授を講師に招き、「迫り来る薬剤耐性(AMR)の脅威、いま必要な政治のリーダーシップ」をテーマに開催しました。

2018.12.26

アジア医薬品・医療機器規制調和推進タスクフォース

日本国際交流センター(JCIE)は、「グローバルヘルスと人間の安全保障保障」運営委員会の部会として「アジア医薬品・医療機器規制調和推進タスクフォース」を設置し、同タスクフォースの検討結果を運営委員会による提言として発表しました。タスクフォースでは、提言に基づく関係組織の取組み状況をフォローアップするとともに、より具体的な施策の検討を続けています。

2018.12.17

プレスツアー「インドネシアに見る三大感染症の現状」

JCIEでは、2018年11月25日から30日にかけて、インドネシアにおけるエイズ、結核、マラリアの三大感染症対策の取材機会を日本のメディアに提供するプレスツアーを実施しました。

2018.11.16

グローバルヘルス国際諮問グループ

2019~20年に開催される国際会議を日本が戦略的に活用し、グローバルヘルスに関する政策およびその実現の推進を後押しすべく、15名の国際識者による国際諮問グループ(IAG)を組織し、最終報告書を日本政府に提出しました。

2018.10.31

グローバル・ファイナンシング・ファシリティ(GFF)に対する支援体制の強化

日本国際交流センター(JCIE)は、2018年10月より、グローバル・ファイナンシング・ファシリティ(GFF)に対する理解・支援促進のための事業を開始いたしました。GFFに対する日本の政官民学の国際保健・開発関係者の理解を高め、GFFの取組みと日本の国際保健政策との連携を検討し、GFFに対する日本の支援体制の強化を図っています。

2018.10.25

第3回日米グローバルヘルス協力対話

JCIEでは、加藤勝信厚生労働大臣訪米の機会を捉えて、米国医学アカデミー(NAM)、戦略国際問題研究所(CSIS)との共催により、ワシントンDCで第3回日米グローバルヘルス協力対話を実施しました。

2018.10.16

第1回グローバルヘルスに関する議員ブリーフィング「米国のグローバルヘルス外交における連邦議員の役割」

超党派の若手・中堅の国会議員を対象に、グローバルヘルスに関するブリーフィング・シリーズを開始しました。第1回は、「米国のグローバルヘルス外交における連邦議員の役割」について、マーク・ダイブル教授にブリーフィングいただきました。

2018.07.18

シンポジウム「エイズ流行の終息をめざして」

国際エイズ学会と日本国際交流センター(JCIE)は、2018年4月24日、シンポジウム「エイズ流行の終息をめざして―2030年までの国際目標達成に向けた科学・コミュニティ・政治の役割を探る」を開催しました。

2018.06.15

レポート:結核に関する国連総会ハイレベル会合に向けての市民社会ヒアリング

6月4日にニューヨーク国連本部で、9月に開催される「結核に関する国連ハイレベル会合」にむけたインタラクティヴ・ヒアリングが開催されました。レポートをまとめましたのでご覧ください。

公益財団法人 日本国際交流センター

〒107-0052
東京都港区赤坂1丁目1番12号 明産溜池ビル 7F

Tel.03-6277-7811 Fax.03-6277-6712


米国法人 日本国際交流センター (JCIE/USA)

475 Riverside Drive, Suite 731

New York, NY 10115 USA

Tel: +1 (212) 679-4130


日本語サイト https://www.jcie.or.jp/japan

グローバルサイト https://www.jcie.org

Copyright © Japan Center for International Exchange (JCIE)
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com