日韓歴史フォーラム1999
(1999年9月10日−13日)


本フォーラムは、1997年に設置された「日韓歴史研究促進に関する共同委員会」が事業の2本柱の一つとして主催するもので、1998年に宮崎で開催された「日韓歴史フォーラム1998」に続き、第2回目となる「日韓歴史フォーラム1999」が両国の学者、有識者30名の出席を得て韓国大田広域市で開催された。
同委員会は、日韓両国間の歴史研究を促進する方策を検討するために、日韓両国政府の委嘱により1997年7月に発足した民間有識者による委員会で、運営委員会を設け、2年間の活動期間の間、本フォーラムを2回開催するとともに、日韓歴史研究促進に関する調査研究プロジェクトを行い、報告書・提言を政府に提出することを目的としている。当センターは、同委員会の事務局としてフォーラムの運営を行った。

今回のフォーラムの討議テーマは、「第2次世界大戦後の日韓関係−回顧と展望」、「第2次世界大戦後の日韓研究−回顧と展望」、「第2次世界大戦後の日韓知的交流−回顧と展望」であった。この他、忠清南道知事主催レセプション・夕食会が行われ、また公州や扶余などにある百済遺跡地などを視察した。

同委員会は、上記調査研究プロジェクトの完成と日韓歴史フォーラムの2回の開催により2年間におよぶ活動を終了し、政府に最終報告・提言を提出することになっている。

[日本側運営委員会] 
須之部量三座長、外務省顧問、杏林大学名誉教授、元駐韓大使
小此木政夫慶応義塾大学法学部教授
山本正(財)日本国際交流センター理事長
[日本側参加者] 
饗庭孝典杏林大学社会科学部客員教授
稲葉継雄九州大学大学院人間環境学研究科教授
小倉紀蔵東海大学外国語教育センター助教授
長節子九州産業大学国際文化学部教授
上垣外憲一帝塚山学院大学人間文化学部教授
倉田秀也常葉学園富士短期大学助教授、(財)日本国際問題研究所客員研究員
服部民夫同志社大学文学部教授
花房征夫東北アジア資料センター代表
原田環広島女子大学国際文化学部教授
水木揚(市岡揚一郎)作家、前日本経済新聞社取締役・論説主幹
宮嶋博史東京大学東洋文化研究所教授

[韓国側運営委員会] 
池明観(CHI Myong-Kwan)座長、翰林大学校翰林科學院日本學研究所長
柳永益(LEW Young-Ick)延世大学校韓国学研究所長
柳根一(YOO Kun-Il)朝鮮日報論説主幹
[韓国側参加者] 
金理那(KIM Le-Na)弘益大学校美術大学芸術学科教授
金文煥(KIM Moon- Hwan)ソウル大学校人文大学美学科教授
成炳旭(SEONG Byong-Wook)中央日報常任顧問
李基東(LEE Ki-Dong)東国大学校史学科教授
李萬烈(YI Mahn-Yol)淑明女子大学校韓国史学科教授
李文煕(LEE Moon-Hee)韓国日報常任顧問
李元淳(LEE Won-Soon)ソウル大学校名誉教授
李泰鎮(LEE Tae-Jin)ソウル大学校人文大学国史学科教授
鄭求宗(CHUNG Ku-Chong)東亜日報理事・編集局長
車河淳(CHA Ha-Soon)西江大学校名誉教授
金栄作(KIM Yong-Jak)国民大学校政治外交学科教授
徐淵昊(SUH Yon-Ho)高麗大学校国語国文学科教授
李時載(LEE See-Jae)カトリック大学社会学科教授

(役職は参加当時のもの・敬称略)


JCIELogo トップページ
  Copyright (c) (財)日本国際交流センター
Copyright (c) Japan Center for International Exchange (JCIE)