米国青年政治指導者会議(American Council for Young Political Leaders: ACYPL)との共催により、日米の若手政治指導者の交流をめざす「日米青年政治指導者交流プログラム」を1973年以来実施している。

第18回米国代表団訪日プログラム
(1999年11月14−26日)

州議会議員、州政府幹部、市議会議員、政党スタッフなど米国の若手政治指導者9名で構成される代表団が来日し、東京、長野、京都を訪れ、日本の政治・経済・社会情勢などを視察し、政治家、経済人、オピニオン・リーダー、NPO関係者などと懇談を行った。
2週間の滞在中、東京では深谷隆司通商産業大臣や林芳正大蔵政務次官と日本の経済状況と政府の積極財政などの対策について、また各党幹部との懇談で連立政権と政治状況などについて懇談したほか、小坂憲次郵政政務次官との懇談では日本でのIT関連政策の現状と展望について意見交換した。また、各界の指導者との交流を通じ日本の経済・金融問題、政治状況や政策課題、通商問題、社会状況の変化等について理解を深めたほか、訪日団が講師となって『多様化する課題への米国地域社会の対応-政治・行政・企業・NPOのパートナーシップ』と題してセミナーを開催した。また長野では総選挙を控えた政治家の地元後援会の会合に出席し政治家と有権者の関係などについて懇談、また県副知事など各界の指導者との懇談を通じて、地方と中央との関係、地方自治のあり方についての理解を深めた。また、前年開催された長野オリンピックの施設とともに環境問題、遊休施設問題などオリンピック後の課題についても視察、一般家庭に一泊ホームステイも行った。

[共和党] 
Glen Becerraカリフォルニア州シミ・バレー市議会議員
C. Jay Guerreroテキサス州ハリス郡共和党全米ヒスパニック会議議長
Cori A. McCainコロラド州キャッスルロック市議会議員
Julie Roseケンタッキー州上院議員
[民主党] 
Jennifer Crawfordグレンデニング・メリーランド州知事補佐官
Melony Griffithメリーランド州下院議員
John Manciniロードアイランド州クランストン市議会議員
Martin J. Sweeneyオハイオ州クリーブランド市議会議員
[主催者代表] 
Ty Harrell民主党リーダーシップ・カウンシル全米財務ディレクター

(役職は参加当時のもの・敬称略)

第14回日本代表団訪米プログラム
(1999年7月17−31日)

日本の若手地方議員、政党職員、国会議員秘書など8名が訪米し、ワシントンDC、コネチカット州、インディアナ州、ケンタッキー州の各地で米国の政治・経済・社会情勢などを視察し、政治家、経済界関係者、オピニオン・リーダー、NPO関係者などと懇談した。
代表団が訪米した7月後半は、好調な経済と依然低水準を保つ失業率のため社会全体が活況を呈しており、またクリントン大統領は高い支持率の中、2月の上院での弾劾裁判で無罪という決着が出たことによって、米国政治の焦点は政権としての遺産作りと2000年大統領選挙になっていた。
代表団はワシントンDCではポメロイ下院議員(民主党)、ウォルデン下院議員(共和党)など議会関係者やプリチャード国家安全保障会議アジア担当部長などと米国の国内情勢や対外政策、日米関係などについて、また政策実現を主眼としたNPO幹部との懇談ではNPOの政治への働きかけについて意見交換した。コネチカット州では都市空洞化対策などについてガニム・ブリッジポート市長と懇談したほか、リー同州公共安全委員長と残酷化する犯罪とその対策について意見交換した。インディアナ州ではカーナン副知事と同州の経済情勢と日本との関係、同州民主・共和両党委員長と州政治の現状と課題について懇談、また州都インディアナポリス市にて開催中の全米州議会議員連盟年次総会に出席中の同連盟指導部と懇談し、米国の各州が連邦政府との関係において抱える問題点や各州が抱える一般的な問題などにつき意見を交換した。最後に訪問したケンタッキー州では、トヨタ自動車の現地工場を視察した他、州都フランクフォート市にてヘンリー副知事主催夕食会に出席、また州上院議長、州最高裁判所判事、州総務長官とも面談した。

[自由民主党] 
小 幡   都党本部総裁・幹事長室スタッフ
佐 藤 真 治岡山県議会議員
早 坂 義 弘党東京都連事務局総務係長
[自由党] 
筒 井 信 雄西宮市議会議員
[民主党] 
田 中 里 佳名古屋市議会議員
福 田 紀 彦松沢成文衆議院議員秘書
[公明党] 
南 谷 尚 也公明新聞報道部担当副部長
[社会民主党] 
辻 元 一 之辻元清美衆議院議員秘書

(役職は参加当時のもの・敬称略)